東横線のマンション情報満載!マンション探しは東横マンションセンターにお任せください!

トップ希望条件登録お問い合わせ会社概要アクセス
居住用物件情報
サイトマップ 
 東横マンションセンターのバナー
 
お問い合わせ
トップページへ  
 
会員登録がお済の方はこちら! 
会員登録がお済の方はこちらから!
 
 会員登録がまだの方はこちら!
会員登録がまだの方はこちら!
 
 未公開物件多数あります!
無料会員登録はこちらから!
 
 気になる物件が見つかったら!
気になる物件が見つかったら!
 
 ご質問・ご要望などお気軽に!
ご質問・ご要望などお気軽に!
 
 全国の不動産屋さんリンク集!
全国の不動産屋さんリンク集です!
 
TMCお客様の声集 
 
会社概要
アクセス
免責事項
個別情報保護方針



 
ガリバー露木の不動産Q&Aコーナー
 

「住宅ローン事前審査の精度とは?」


えっ!

精度?

って何。。。


と思われる方

多いですよね。


住宅ローンには

通常、事前審査と

本申込=本審査とがあります。


簡単にいうと、事前審査の場合には、

自分がどれくらいの金額を借りられるのか?

(購入物件が確定していなくても可)



または、売買契約を締結するために、

欲しい物件の価格の住宅ローンが組めるのか?

を判断するために行う審査になります。

(購入物件が確定している場合)



そして、精度というのは、

住宅ローンの事前審査が通った場合に、

どれくらいの確率で、

本申込=本審査も通るかというお話です。



実は・・・

この精度という面から考えた場合に、

メガバンクや地方銀行での事前審査承認と、

フラット35の事前審査承認では、

精度に天と地の開きがあるのです!



例えば、欲しい物件が新築一戸建てだった場合に、

メガバンクや地方銀行での事前審査承認であれば、

売主である建売業者さんは喜んで=安心して

売買契約を締結してくれます。


しかし、、、


フラット35の事前審査承認だった場合には、

実務上は、こんな風に

言われてしまうことが多いです。。。



「えっ!都市銀行ではなくて、

 フラット35の事前審査承認ですか・・・

 大変申し訳ありませんが、

 その状態では、

 売買契約は締結できません。。。」



「フラット35のご利用でしたら、

 事前審査ではなく、

 本審査の承認をお願いします。

 または、都市銀行等をご利用でしたら、

 事前審査の承認をお願いします。」



・・・どうして???



当然、お客さまには理由が解らないかと思いますが、

建売業者さんからすれば、

もっともなお話なのです。



答えは簡単なのですが、

通常、都市銀行や地方銀行などで、

住宅ローン事前審査の承認をとると・・・

ほぼ、95%以上の高確率にて

本申込=本審査の承認もおりるのです!



ところが・・・

フラット35の住宅ローン事前審査承認だと・・・

ほぼ、半分ぐらいの確率にて

本申込=本審査の承認がおりないからです!



95%以上と、

半分ぐらいでは、

もの凄い精度の差ですよね。。。



こんなに違うので、

前者は売買契約できるのに、

後者は売買契約してくれないわけです。



どうして、こんなに

精度に差がついてしまうのか?



私が思うに、単純に必要書類が違うのと、

事前審査の段階で、

何処まで細かく

審査しているかが大きく違うので、

その結果として、

精度に大差がついてしまうんですよね。



例えば、会社員の方が

都市銀行や地方銀行等で

住宅ローン事前審査をしようとした場合には、

通常、下記の書類が必要です。


●印鑑

●源泉徴収票

●運転免許証

●健康保険証

●物件の資料いろいろ




そして、会社員の方が

フラット35の利用で

住宅ローン事前審査をしようとした場合には、

通常、下記の書類が必要です。


●印鑑

●運転免許証

●物件の資料いろいろ



フラット35の場合には

必要書類が微妙に少ないですよね。



この必要書類の少なさが

後に精度の差になって

大きく関わってくることになるのです。


当然、物件資料はいずれの場合にも提出します。

事前審査の書類には、

もちろん印鑑も捺印しますよね。


そして、ここからが違います。

都市銀行の場合には、

源泉徴収票にて

年収等のチェックや、

健康保険証にて

勤務先の所属や

入社年月日等も確認しています。


しかし、

フラット35の場合には、

運転免許証だけなので、

いわゆる個人信用情報しか

見ていないわけです。。。


おまけに、

とっても大切なご年収

勤め先・勤続年数などは

事前審査の時には

確認するべき書類がないわけですから、

本人が書いた事前審査の書類のみを見て

判断、審査をすることになるわけです。。。



どうでしょうか?



精度が低くても当たり前ですよね?


必要書類も審査方法も


全然、違うんですからね。




というわけで、


今回の結論です!



購入申込書を書いて


売買契約を締結するためには!


都市銀行や地方銀行の利用であれば


住宅ローン事前審査の承認が必要です!




そして、フラット35の利用であれば

住宅ローン事前審査の承認ではなく

本申込=本審査の承認が必要になりま〜す!



以上、今回はこんなお話でした〜


少しでも参考になれたなら嬉しく思います。



トップページへ 


   ガリバー露木の不動産Q&Aコーナー

★東横マンションセンター代表
 ガリバー露木がお客様から
 よく聞かれる質問に正直に
 お答えしています!

 解りくい不動産業界のこと
 マンション探しの注意点
 住宅ローンのことなど盛りだくさんです。
 
 
ガリバー露木の動画紹介はこちらから♪
             
  営業マン動画紹介コーナー

自己紹介ページへ
 ガリバー社長ブログ♪不動産ブログ ガリバー露木の簡単な自己紹介です♪簡単ですが♪
 Twitterボタン  
【ガリバー露木 ツイッター】

【ガリバー露木 フェイスブック】 

東横マンションセンターCMコーナー


ユーチューブチャンネル 動画本数 1,100本超え↑ 再生回数 10万回以上↑

トップ希望条件登録お問い合わせ居住用物件情報会社概要アクセス免責事項個人情報保護方針
Copyright(C) All Rights Reserved by 株式会社東横マンションセンター
神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目2-23 石黒ビル2階