東横線のマンション情報満載!マンション探しは東横マンションセンターにお任せください!

トップ希望条件登録お問い合わせ会社概要アクセス
居住用物件情報
サイトマップ 
 東横マンションセンターのバナー
 
お問い合わせ
トップページへ  
 
会員登録がお済の方はこちら! 
会員登録がお済の方はこちらから!
 
 会員登録がまだの方はこちら!
会員登録がまだの方はこちら!
 
 未公開物件多数あります!
無料会員登録はこちらから!
 
 気になる物件が見つかったら!
気になる物件が見つかったら!
 
 ご質問・ご要望などお気軽に!
ご質問・ご要望などお気軽に!
 
 全国の不動産屋さんリンク集!
全国の不動産屋さんリンク集です!
 
TMCお客様の声集 
 
会社概要
アクセス
免責事項
個別情報保護方針



 
ガリバー露木の不動産Q&Aコーナー
 
「契約優先って何だ?」


はい。

前回からの続きです。



苦労して気に入る物件が見つかって、

買付申込書=購入申込書を書きました。




そして、不動産仲介業者を通じて

売主さんにFAXしました。




ところが・・・



タッチの差で

申し込みが二番手になってしまいました・・・




お客様も営業マンも

一番ガッカリする一瞬です。



さあどうする?



一番手の人の気が変わるか、

住宅ローンが通らない以外は、

ノーチャンスなのか?



いいえ。

不動産業界には、


「契約優先」


という独特のルールがあります。



「どういう意味?」



字の通りなのですが、

「先に手付金を支払い

売買契約を締結した人を

優先して一番手とする。」




つまり、

申込書は二番手となってしまっても、

大逆転で一番手に繰り上がり、

気に入ったお家を購入することが、

できてしまうのです。




この契約優先という

不動産業界独特のルールは、

特に物件の売主が個人の方ではなく、

不動産業者のケース


よく行われるのです。



不動産業者が売主の物件といえば、

新築一戸建ての購入や、

室内リフォーム済の中古マンション

室内リフォーム済の中古一戸建て


の場合がほとんどです。



しかし、どうして

契約優先なんて

システムがあるのでしょうか?



申し込みは基本的に

先着順のハズなのに・・・




はい。



その理由は、

購入者側=買主側に

ペナルティがあるのか?

ないのか?


を考えていただければ、

そこに答えが見えてくると思います。




買付申込書=購入申込書を書くときには、

一円のお金も必要ありませんでしたよね。




そして、申込書を書いた後で、

急に気が変わってしまい、

やっぱりあの家を買うのが嫌になってしまった・・・




こうなった時にも、

それこそ電話の一本で

簡単に申し込みをキャンセル

することができるわけです。



しかも、

全くのペナルティなしで。




かたやもう一方で、

手付金として100万円を支払い

売買契約を締結した後で、

急に気が変わってしまい、

やっぱりあの家を買うのが嫌になってしまった・・・




こうなった時は

どうなるでしょうか?




ただ、気が変わったという

買主側の一方的な理由により

契約を解除するためには、

「手付金の100万円を

放棄しないと

解約できないのです!!!」




どうでしょうか?



全く重みが違いますよね。



100万円って言ったら、

誰にとっても相当な大金です。




このように、

買付申し込み

と、

売買契約締結

では、

買主側のリスクには、

天と地ほどの差がありますよね。





逆に不動産業者である

売主側から考えてみます。



ほぼ同時に申込書が届いたけれど・・・

よくよく見比べてみたら、

一番手のお客様Aは、

住宅ローンの事前相談はこれからやる。



そのため、

売買契約の希望日は、

お申し込み日である

今日から一週間先の日付になっている。



かたや二番手のお客様Bは、

TMC銀行のガリバー支店にて、

住宅ローンの事前審査承認済み。

おまけに、

売買契約の希望日は、

お申し込み日である

今日から2日後の日付になっている。




「貴方がもし売主さんだったら、

A・Bどちらのお客様と

契約したいと思いますか?」




住宅ローンの事前審査が通っているということは、

お申し込みをいただいた物件を、

ほぼ間違いなく購入できるということです。



そして、契約予定日も早く

この日に手付金をいただき

契約することができるわけです。




一週間待ったものの、

Aのお客様の住宅ローンは

通らない可能性もありますよね。



この待つ期間も売主さんにとっては、

リスクとなり得るわけで・・・

特に繁忙期なら尚更です。




正直、

Bのお客様と契約したいと思いませんか?





だって、売主さんの立場って、

申し込みだけでは、

とっても不安定な状態ですもの。



電話一本で簡単に

やっぱりやめます。


と言われる可能性がありますので。



手付金をいただいて、

しっかりと売買契約を締結して

安心したいというのが売主さんの本音なんですね。




そのため、

このような契約優先という

ルールができたのではないかと、

私は考えています。



もちろん売主さんによって

考え方が違いますので、

申し込みの順番を優先してくれる

ケースもありますけどね。




ただ、この契約優先という

業界ルールにて契約する時には、

もうひとつ一番大切な

大きな違いがあるのです。



この話は長くなりそうなので、

続きはまた次回に書きますね。


トップページへ 
 
   ガリバー露木の不動産Q&Aコーナー

★東横マンションセンター代表
 ガリバー露木がお客様から
 よく聞かれる質問に正直に
 お答えしています!

 解りくい不動産業界のこと
 マンション探しの注意点
 住宅ローンのことなど盛りだくさんです。
 
 
ガリバー露木の動画紹介はこちらから♪
             
  営業マン動画紹介コーナー

自己紹介ページへ
 ガリバー社長ブログ♪不動産ブログ ガリバー露木の簡単な自己紹介です♪簡単ですが♪
 Twitterボタン  
【ガリバー露木 ツイッター】

【ガリバー露木 フェイスブック】 

東横マンションセンターCMコーナー


ユーチューブチャンネル 動画本数 1,100本超え↑ 再生回数 9万回以上↑


 
       
トップ希望条件登録お問い合わせ居住用物件情報会社概要アクセス免責事項個人情報保護方針
Copyright(C) All Rights Reserved by 株式会社東横マンションセンター
神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目2-23 石黒ビル2階